« 新フリーマガジン創刊 | Main | 屋形船ナイト »

2005年07月19日

女性は宇宙と繋がっている。じゃ、オトコは?

[弱音]

オイラは女性崇拝主義者である。
なぜなら、女は宇宙と繋がっていると感じるから。
自然を敬い、宇宙に畏敬の念を抱くならば、どうして女性たちを崇拝しないでいられるだろうか。
(意味なく英語的な言い回し)

今日はつくづく「女性と宇宙」のつながりを実感した。
「魔性のウェブログ入門」なるセミナーに参加しての感想だ。
講師はジャストレード株式会社の代表取締役社長、須子はるかさん。28歳の女性社長である。

オイラの勉強不足を先に告白しておくと、「起業」×「BLOG」という切り口に興味を持ったのがJUSTキッカケで、須子さんがどういった方なのかはセミナーの申し込みの後で知った。「女性起業家」「起業日記」「ブログ」といったキーワードでWEBを探ってゆくと割とすぐに出会える、その筋では相当な有名人なのだそうだ。

須子さんのお話は非常にキャッチーであると同時にポイントが的確で、しかも、(これが非常に大事だと思うのだが)数え切れないほどの講座で話している人であるのに驚くほど謙虚なスタイルの喋りなのだ。


オイラはよくげっぷが出るような思いをする。
そういう勉強会のような場で、受講者にわかるはずのない専門用語をバシバシ使ったり、
「皆さんはご存知ないと思うのですが」
「ワタシ、特別に見せてもらったんですが」
などと前置きしたり、挙句に
「有名人の○○さんにお会いした時、ワタシ、そう言って忠告してあげたんですよ」
とか言う、オッサン講師の(笑)、糞の役にも立たない自慢話に。

そんなものと比較するのも、そもそも大変失礼なのだが(笑)、
須子さんの、謙虚でありながらズバリと的を突くという、コミュニケーションの間合いが
「人気ブログ」に繋がっているのだろうことは、容易に想像がつく。

とは言え、その話が素晴らしかったから「女性と宇宙とのつながり」を感じた、というワケではない。
須子さんが起業した物語に、そのツボがある。
(今日の話は少し長くなりそうだ)

須子さんが起業したキッカケに、ブラジルで貧しい生活をしている子供たちとの出会いがあるのだという。

「私ひとりがこうしてブラジルで現地の人と一緒に家を建てても、
10年も経てばその結果は消えているかもしれない」
「日本人の私とストリートで暮らしている子供たち。
誰もがおなじ人間として、たくさんの可能性を持つはずなのに、
現実はどうしてこんなにも違うんだろう」
「いったいどうしたら、もっと本質的にこの問題を解決できるの?
このままじゃ変わらない」
そんな問いかけに捕われながら帰国したとき、
ふと何かが変わってしまっている自分に気づきました。

(中略)

ひとつのことに気が付いたのです。

環境、貧困、差別、エイズ。
社会にある多くの問題は、私にとって普段は「他人事」でしかなかった。
そのことに。

自分自身も、現地へ行って活動し、日本に帰ってきてはじめて、
自分と社会をいかに切り離して考えていたかを痛感したのです。
そしてすべてが「他人事」でなくなったとき初めて自分の行動が変わったことを感じました。

「いったいどうしたら他人事を自分ゴトにできるようになるだろう?」

それが、問題意識の発端です。
根本的に社会の課題を解決 していくためには、渦中にいる途上国の人たちや、
障害をもつ人、病気の人だけではなく、「自分は関係ない」あるいは、「何かしたいけれど、
今はその余裕がない」と思っている大多数の人たちの意識が変わる必要がきっとある!
そんな想いが生まれました。

それも、押し付けではなく、自分が楽しいから興味がわく、自分も満たされるから
他人にも満ち足りてほしい、そのために協力したい!


「わたしたちの心の豊かさを世界の豊かさにつなげる」

そんな好循環を生み出す仕組みが必要だと考えたのです。

ジャストレードという会社は、そんな仕組みを作るための枠組みです。

(参照:プロフィール

…とまあ!
がっつり感動です。
起業の目的が社会や地球と結びついていることが大事とはよく言うが、
しっかり地球的な問題と結びついている上に、
「なるほど、そういう価値観ってあるね」
「毎日の生活の中で、すっかり忘れてました」
と気づきを与えてくれる。。。

しかも須子さんは、こともあろうにそのソリューションとして起業する…と。

「須子さん、頑張れ~!」と心からエールを送りたくなると同時に思わず、
「んじゃ、オイラの事業って、どういう社会的問題に貢献しようとしてるんだっけ?」
と、自問自答せざるを得ないではないですか!

回答!(0.1秒): 「そんなこと、考えたことありませんでした」

自分のあまりにちっぽけな起業理由に凹。
地球や文明の問題と繋がっている「起業理由」に、すっかり参ってしまう。

月の運行と身体の変化がシンクロし、大いなる命を産み育む能力を持つ故に
女性たちはきっと地球や人類に迫る問題を、自分ごととして捉えることができるのか?
環境・戦争・貧困…といった解決容易ならざる「人類の持病」とも言うべき諸問題に対して
等身大の問題意識を持ち、身の丈のアクションを起こしてきたのは、
いつも女性たちではなかったか?

女性たちが次々と起業し、経済社会の中でその存在感を増やしていったならば
きっと<企業>というパラダイムはドラスティックに変わってゆくことだろうと思った。

では、男は何とどう繋がって、どんな問題意識を持って生きているのだろう。
思わず考えずにはいられなかった。


…って、いろんな意味でコンテンツ・リッチな「ブログ」セミナー。
ぜひ機会があったら参加されることをオススメします!

そうそう。こんなことを書くと、実は、もうひとり、最近「宇宙との繋がり」を感じる女性が
身近にいる!…のだが、そのお話はまた今度の機会に。

Posted by Johane at 2005年07月19日 23:34

Trackback Pings

この記事へのトラックバックは以下のURLにPINGして下さい:
http://www.reona.net/blog/mt-tb.cgi/86


Trackbacks

以下のリストは女性は宇宙と繋がっている。じゃ、オトコは?を参照しているWEBLOGへのリンクです:

» 女性は宇宙と繋がっている。じゃ、オトコは何と?(2) from JOHANE'S "YOWANE" ~よはねの弱音[妄想系]
こんにちは。 dengenのお手伝いをさせて頂いている「よはね」と申します! プロデューサーHさんの「dengen熱」に伝染し、発熱。 おもにモバイル企画などの... [Read More]

Tracked on 2005年10月05日 01:19



Comments

大変素敵なご紹介、ほんとうにありがとうございます!
ジャストレードの須子はるかです。

ほんとうに、「想い」があって会社を作ったので、
いろいろと悩むことも多いですが、なんとか今まで
続けてきております。

「宇宙とのつながりを感じる」って、とてもすてきな
表現ですね。気負わず、自然体でありたいと心から
おもいます。

またお会いできますことをたのしみにしています!

Posted by: すこはるか at 2005年07月24日 07:40


わあ!
須子さんご本人からのメッセージ、ありがとうございます。

絶対、ハンパじゃなく忙しいはずなのに、こんなふうにコメントをされるとういうのもとてもスゴイと思います。
合掌!

須子さん、ますます頑張ってください。
オイラも、年齢的にも実績的にも相当な回収遅れになっていますが(なんせ一度起業にお手つきしてます・涙)、ガッツ入れて行きます!

Posted by: よはね [TypeKey Profile Page] at 2005年07月24日 22:23


ごぶさたです!すてきなお話ありがとう!
宇宙とのつながり、すてきだなあ。いろんな意味で(笑)。
そんなつながりを感じる方…、続きを楽しみにしてます。

Posted by: みたけさやか at 2005年08月04日 19:05


みたけさん、本当にごぶさたしてます。
&コメントありがとうございます!

人間は発生の最初、全員の性染色体は女性で(染色体「XX」)で、あるタイミングでホルモンの働きでその対のひとつが変化して男性(染色体「XY」)になる…。
すでにその時点で男性は繋がりを切られているような…(笑)。

宇宙と繋がっている彼女の話は、あるネタのリリースを待って書く予定ですが、お楽しみにしてて下さい!

Posted by: よはね [TypeKey Profile Page] at 2005年08月04日 20:15



Post a comment




Remember Me?

(you may use HTML tags for style)